Column

コラム

街づくりの基盤を固める
土木工事の社会的役割

土木業界と言えども、道路の改良工事や構造物に関する工事、トンネル工事、橋梁工事、河川の整備やダム建設など、様々な種類の工事があります。自然災害の復旧工事や増加傾向にある老朽化が進むインフラの整備など、街づくりの基盤を固める重要な事業です。そのため、需要は堅調で今後も仕事量が維持されていくと予想されます。それに反して、慢性的な人材不足が深刻であり、現場での作業員不足の解消が望まれます。これからは、ドローンやAIを活用した仕組み化の検討も積極的に行われていくでしょう。

< 12 >

道路や橋、河川管理や整備を主とする土木事業のほか、結城周辺で造園事業も担う株式会社美惠が、土木・建設業界のこれからについて解説いたします。道路やトンネル、鉄道などのインフラ整備だけでなく、住居やビル、公共施設の建設、改修など街づくりに欠かせない事業の一つであり、地図にも残る地域貢献度の高い仕事ともいえます。特に今後は、絶え間ない自然災害に対する防災・減災対策や老朽化した道路、橋などのインフラの修繕に力が注がれることが予想され、ますます需要が高まっていくでしょう。それに伴いさらに人手を確保することが必須となってきます。

しかし、現状は給料や休日が少ない上にきつい仕事だという昔からのイメージが定着していることから、若者の土木離れが懸念されています。そのため、若い世代や転職検討者に、いかにこの業界に興味を持ってもらえるか、働きやすい職場環境や給与、安全面の見直しなどが早急に求められます。最近では、休みの希望が通りやすかったり、資格取得のためのサポートが充実していたりなど、求人内容にも変化が見られます。人手不足を解消するために、ドローンの空撮による測量や、ICT導入による測量からメンテナンスまでのシステム化などの革新が加速しています。